読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスッコ成長レポートとママ雑記

好きなことを好きに書くところ

MENU

熱海旅行①新幹線~熱海駅

熱海最高でした

 こんにちはママママママッマ (id:mskprpr)です。

f:id:mskprpr:20170414005621j:plain

旅行に行ってたのでその時のことを残しておこうと思います。

 

 

今回の旅行先は熱海でした。

いやーいいとこですね熱海!なんといっても海が近いし食べ物も美味しいしまさに観光地って感じの場所でした。

移動は新幹線

新幹線や電車って何気なく乗るけど、やっぱり旅行の楽しみって移動する時も楽しかったりしますよね。私は新幹線だとか乗り物が結構好きなので今回の旅行でも楽しみだったわけです。

 

しかし赤ちゃんを連れていく、となるとベビーカーなんかの大きな荷物の置き場所に困ってしまうこともしばしば、、、そこで我が家では先輩方の知恵を借りてベビーカーを電車に乗せる時は出来る限り一番後ろの席を指定席で買うようにしています。

 

 そうすると自分達の席と一番後ろの壁の隙間にベビーカーを置いておけるので邪魔にならずに済みます。お子さんがいる人なら誰しもがそうしているんじゃないかな?

まあ中には非常識なことをして迷惑をかけている人もいるようですが、、、

 

なので今回も新幹線の指定席で一番後ろの席を取っていたんですね。

結構混んでいたので既に荷物が置かれていてベビーカーを置くスペースがあるかないかギリギリだったんですがなんとか置けました。本当によかった。

 

ハル・ベリーヒュー・ジャックマンとエディー・マーフィー

が新幹線にいたんだよ!ってことじゃないです。すみません。

 

この新幹線に乗った時なんですが結構海外からの観光客が多かったようで、「あれ?私達いつの間に欧米に来たんだっけ?」っていうくらい日本人が少なかったです。

 

観光かなあ?どこに行くんだろうねえなんて話していたら前の方から「天使にラブソングを」時代のウーピー・ゴールドバーグみたいな髪型をしたハル・ベリー似の女性が歩いてきてこちらの座席付近でウロウロしはじめたんですね。

 

なんだろうなあって思って見ていたらどうやら荷物を置きたかったようで(ただ他の観光客のキャリーバッグで置ける場所はほぼない状態)困っていらしたようなんです。

 

ようなんですっていうのも列を挟んで隣に座っていたヒュー・ジャックマンみたいな男性がそのハル・ベリーに声をかけて荷物を誰かのキャリーバッグの上に乗っけてあげようとしていたからわかっただけなんですが。

 

「あ、なんかいいなあ平和だなあ」なんて思っていたら思いっきり目があって、ジェスチャーで座席を一回起こしてくれってしてるわけです。英語はわかりませんが多分そんなことも言っていたと思います。

 

「そりゃそうですよね!座席倒してたら置きにくいですよね!」と思って一旦まっすぐに戻して、荷物を置いてもらったんですが今度は座席を倒せのジェスチャーが。

 

要は「荷物を落ちないようにお前の座席で押さえておいてくれ!」ってことらしかったので潰さないようにと思いつつ座席を倒したら親指たててGJ!みたいにしてくれました。めっちゃ笑顔で。いやかわいい人だった。

 

多分あの時私達の周りめちゃくちゃほっこりしてたと思います。いいですよねなんかそういう助け合いみたいな精神。

 

日本人だったら割と見てみぬ振りをすると言うかあんまり積極的にはかかわらないけど、海外の人はみんなそういう素敵なことを簡単にできるのって本当に素晴らしいね!なんて思っていました。

 

ただその時なんでかわからないけど「こういう時映画だったらエディー・マーフィーがでてきて"おい誰だ?!俺の荷物の上に荷物置いたやつは?!俺の荷物が潰れっちまうだろうがさっさと出てきて早くどけやがれ!”とか言うシチュエーションだな」って考えてました。ああいうウザいキャラのエディー・マーフィー本当好き。

 

こういうことが起きるとやっぱり移動も旅行のうちだなあなんて思うし、そんなことが起きた時に立ち会えたのとか嬉しくなっちゃいますね。

 

【映画パンフ】コリーナ、コリーナ ウーピー・ゴールドバーグ レイ・リオッタ 多重人格ストリッパー フランキー&アリス *セルDVD ヒュー・ジャックマン (FLIX special)

【映画チラシ】ショウタイム ロバート・デ・ニーロ エディー・マーフィー [映画チラシ] デイブは宇宙船 [DVD] サタデー・ナイト・ライブ ベスト・オブ エディー・マーフィー [DVD]

 

 熱海駅を舐めてました

f:id:mskprpr:20170414015129j:plain

熱海駅の坂の多さといったら、、、!

まず土地の形状を舐めてました。本当にすみませんでした。

 

駅をでてすぐ商店街を通り抜け、一旦荷物を置きに義父が取ってくれていたお宿に向かうことになったんですね。

 

息子もまあまだご飯の時間でもなかったのでお宿についてから授乳室借りればいいかなんて余裕ぶっていたんですが甘かった、、、

 

坂をベビーカーを押しながら歩くって結構体力いりますね。

 

しかも我が家のベビーカーはA型ベビーカーなので操作性はいいけど重く、簡単に曲がってくれたり動いてはくれるけど赤ちゃんの重さも加わるとなかなか大変だったと思います。

 

主人が殆ど動かしてくれていたのですが、普段沢山歩いている主人が自宅に帰ってきて足つぼマッサージしたり筋肉痛のケアをしないといけないくらいきつかったようなのでよっぽどですよね、、、暫くは優しくしてあげよう、、、

 

しかも肝心のお宿は15時からしかチェックイン出来なかった(当たり前ですが失念してました)ので部屋でミルクをあげることもできず、結局駅まで引き返すというグダグダっぷり。

 

途中市役所やイオンなんかもあったんですが授乳室がなかったのは残念でした。

 

授乳室検索アプリを使って見つけても曜日によってはやってないとかもあるみたいなのでやっぱ下調べは大事ですね。

 

 

 

 

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門
 

 

広告を非表示にする