読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムスッコ成長レポートとママ雑記

好きなことを好きに書くところ

MENU

お題スロットで出てきたお題を20分間で書くやつ

お題「我が家のカレー」

 

でてきたお題がカレーってなんかしらんが笑ってしまった。とはいえお題だからしっかり書いていこうと思う。我が家のカレーという題材だけど、果たしてこれって各家庭でそんなに違いがでるもんなんだろうか?まあそれを自分の主観とか面白いだろこれって感じに書いていくのがお題としての楽しみ方なんだろうけど。さしてそんなに変わったことなんてなくて、我が家の場合は「ジャワカレー」の辛口って絶対決まってるなってことくらいかな。あっでも福神漬はちょっとまってくれここで息子が泣き出すのは想定外だ。一回タイマーを止める。さて残り17分か。今タイマーを止めてから再び稼働させるまでに私は一回近所のスーパーにでかけて帰ってきて息子が相変わらずぐずっていてご機嫌ななめのようだからあやすために膝の上に座らせた状態になっている。腕を引っ張られたりおもいっきりキーボードを叩かれるので誤字というか普通に文字が打てなかったり書き直したりしているのでなんだか筋トレの時に重りのついたバンドを両腕両足にしている人みたいな気分だ。きっと息子をおろして文字に集中できるようになった時「そろそろ本気だすか、、、」みたいなドラゴンボール的な展開になるだろう。だがしかし開放されることが難しそうだ。今は片手で文字を打っている。今私の左手は息子を抱きかかえて太ももをポンポンする役割を課せられてしまったのだ。結構つらい。これじゃまるでパソコン教室に通うご老人やローマ字打ち苦手だからって言い訳している中学生並の遅さだ。片手だけでももっと頑張れ行けるお前ならやれると松岡修造のような熱い心は持っていないのでストレスが半端ない。で、なんだっけカレーか。ああ、福神漬の話だ。我が家では福神漬が欠かせない。というのも私は大の辛いもの好きなので辛いカレーを作るが主人は辛いもの食べれるけど好むほどではないという感じなので私に合わせてカレーを作ると福神漬のような箸休めが必要なのだ。で、その福神漬だが主人にはこだわりがあるらしく「今日カレーだよ」というと決まってココイチ福神漬けを買ってくる。CoCo壱番屋に行ってカレーを頼まず「福神漬けください」という客も珍しいのではなかろうかと思うがまあそうでもないのかな。中にはやっぱりいるだろう。あそこの福神漬は赤くて薄っぺらなものではなく茶色くて割としっかり厚みがあるものだ。厚みがあるから食べごたえがある。私は福神漬そんなに好きではなかったがココイチ福神漬に関しては割と好きになってしまったのも主人が買ってきてからだろう。そんなわけで我が家のカレーは「ジャワカレー辛口」と「CoCo壱番屋福神漬け」で構成されている。たまに肉が豪勢になったりするが基本的には鶏肉だ。極稀に挽肉とみじん切りした野菜でキーマカレー(ドライカレーとも言うらしいが)になるときもある。その時はナスを入れるのだ。みじん切りにされたナスはカレーの味をほどよく吸ってほどよくアクセントがでてとても美味しい。是非お試しあれなのだ。ああ、もう時間がない。なんだか全然書けなかった気がする。でもこの書き方は垂れ流しできて書いてて楽しいのでまたヤると思う。最低だ。最後の最後でヤるって変換されるの最低だ。最低だけどなんだかオチがついた気分がして自分の中でちょっとだけ面白かったのでこのまま訂正しないでおこう。さらばだ

 

 

 

 本当はこっちにしたいんだけど流石に辛すぎるって苦情が来て以来辛口を使ってる

 

広告を非表示にする